タグ : 無料

無料地図 openlayersでopenstreetmap(OSM)表示方法

Google Maps APIの有料化はGoogleにとって凶と出るだろう
という記事を見て、代わりとなる無料地図API「openlayers」でと無料地図「openstreetmap」を試してみた。

openlayersのダウンロード先 本家サイト
OpenLayers: Free Maps for the Web

ファイルを解凍すると多くの地図表示サンプルがあり、「openstreetmap」を表示するサンプルもある。

「openstreetmap」表示サンプル
OpenLayers-XXX\examples\osm.html

緯度経度を修正して東京ディズニーランドを表示
サンプル

var map, layer;
function init(){
  map = new OpenLayers.Map( ‘map’);
  layer = new OpenLayers.Layer.OSM( “Simple OSM Map”);
  map.addLayer(layer);
  map.setCenter(
    new OpenLayers.LonLat(139.885483, 35.630512).transform(
      new OpenLayers.Projection(“EPSG:4326″),
      map.getProjectionObject()
    ),12
  );  
}

無料セキュリティソフト

パソコンを使用する上で重要なセキュリティソフト、そのセキュリティソフトに無料で使える優秀なセキュリティソフトがあります。

そのセキュリティソフトとは、
Microsoft Security Essentials
です。
開発元はマイクロソフトで、正規品のWindows XP・Windows Vista・Windows 7に対応しています。

無料だと不安かもしれません。
私も最初は不安でいろいろ調べ、セキュリティソフト比較すると、

ウイルス検出率は、
1.G DATA インターネットセキュリティ
2.マカフィー インターネットセキュリティ
3.シマンテック ノートン インターネットセキュリティ
4.Microsoft Security Essentials
5.ソースネクスト ウイルスセキュリティZERO
6.カペルスキー インターネットセキュリティ
7.トレンドマイクロ ウイルスバスター
8.AVG FREE

となるようで、
市販のセキュリティソフトと遜色ない検出率を誇っています。

なんとなくウィルスバスターを使用していた私ですが、
この結果を知って、Microsoft Security Essentialsに乗り換えました。

毎年、どのセキュリティソフトも改良が加えられているので常にこの順番ではないと思いますが、
現時点では、
お金を出して買うならG DATA、
それ以外のソフトにお金を出して買うぐらいなら
無料で安心して使えるMicrosoft Security Essentialsをインストールすることをおすすめします!

悪意のあるソフトウェアの削除ツールを提供するなど、マイクロソフトはセキュリティに本気で取り組んでいるようなので、
これからも期待できるセキュリティソフトです。

無料オフィスソフト「OpenOffice.org」

OpenOffice.org(オープンオフィス ドット オルグ)とは、Microsoft社の「Microsoft Office」のようなソフトで、オープンソース方式で開発されているのオフィスソフトの一つです。
ワープロソフト「Writer」、表計算ソフト「Calc」、プレゼンテーションソフト「Impress」、図形描画「Draw」の4つが統合されています。
Microsoft社の「Microsoft Office」と高い互換性があり、「Word」や「Excel」、「PowerPoint」などファイルを開いたり、編集したりできます。
その逆で、OpenOfficeで作成・編集したファイルを「Microsoft Office」で開いたり、編集したりもできます。
操作方法は、Microsoft社の「Microsoft Office」とほとんど変わりません。
また、LinuxやWindowsなど様々なOSで動作します。
多言語にも対応しており、英語のほかに、ドイツ語、日本語、韓国語、中国語などに対応しています。

ワープロ機能 「Word」 = 「Writer」
表計算機能 「Excel」 = 「Calc」
プレゼンテーション機能 「PowerPoint」 = 「Impress」

USBにインストールして持ち運べるOpenOffice.org Portable(オープンオフィス ドット オルグ ポータブル)も無償で提供されています。
OpenOfficeは、無料で使用できます。

ほとんどの市販パソコンにはMicrosoft Officeはインストール済みですが、
自作パソコンや、USBにインストールして持ち運べるのでノートブックなどにおすすめです!

openoffice 300x225 無料オフィスソフト「OpenOffice.org」

公式サイト:ダウンロード OpenOffice.org
公式サイト:ダウンロード OpenOffice.org Portable

プチ情報
OpenOffice.org Portableを起動するとソフトのロゴが表示されます。
起動時にこのロゴを非表示にする方法があります。

「OpenOffice Portable\Other\Source」フォルダ の中にある 「OpenOfficePortable.ini」をメモ帳などのエディタで開いて

「DisableSplashScreen=false」を「DisableSplashScreen=true」と書き換えて保存します。
保存した「OpenOfficePortable.ini」 を「OpenOfficePortable」フォルダに移動します。

次に
「OpenOffice Portable\App\openoffice\program」フォルダの中にある「soffice.ini」をメモ帳などのエディタで開いて
「Logo=1」を「 Logo=0」と書き換えて保存します。

これで起動時にロゴが表示されなくなります!
ロゴが表示されるのが気に入らない人は設定してみてください。

無料ロードサービス付「ENEOSカード」


■■■■■ENEOSカードにインターネットで入会しよう!■■■■■■
いまENEOSカードに入会するともれなくもらえる!
ガソリン・軽油代1,000円分プレゼント!

 無料ロードサービス付「ENEOSカード」

ENEOSカードとは、新日本石油(ENEOS)が発行しているお得な割引や安心の無料ロードサービスなど特典満載のクレジットカードです。
初年度が無料で2年目以降は、ENEOSサービスステーションまたはNICOS・VISA・Master Card加盟店での年間1回のカード利用で年会費無料となります。
ENEOSガソリンスタンドは、テレビCMでもよくみますが全国で1番多いガソリンスタンドです。
年1回という易しい条件なので実質、年会費無料のクレジットカードといえるでしょう。

このENEOSカードを使用すると、
ガソリン・軽油代が2円引き
になるといったうれしい特典もありますが、このカードの魅力は、
年間費無料の24時間365日ロードサービス
がついている点だと私は思います!

私は室内灯やヘッドライトの消し忘れでバッテリーあがりをよくするので
某有料ロードサービスへ加入していましたが、
解約し、ENEOSカードへ入会しました。

いまなら入会特典でガソリン・軽油代1,000分プレゼントされます。

ロードサービスの加入を検討されている方にはもちろん、
他の有料ロードサービスに加入されている方にもおすすめのカードです。


 無料ロードサービス付「ENEOSカード」

 無料ロードサービス付「ENEOSカード」

 
WordPress SEO fine-tune by Meta SEO Pack from Poradnik Webmastera