1分毎の雨量を確認できるXバンドMPレーダ

今日は局地的に雷や突風を伴って激しい雨が降るおそれがあるということで天気予報や注意報など調べていたらXバンドMPレーダ雨量情報という国土交通省が試験運用しているサイトを発見。
XバンドMPレーダとは、従来の広域レーダに比べ、高頻度(5倍:5分間隔→1分間隔)、高分解能(16倍:1kmメッシュ→250mメッシュ)での観測が可能であるとのこと。

これは凄いことなんだろうけど自分にとっては利用価値もその凄さもよくわからなかったり・・・
建設会社の人とかリアルタイムで詳細な雨量を確認したい人にとってはとてもありがたいサイトなんでしょうね!

2011/05/10現在
試験運用実施中ということで表示できるのは「関東」「中部」「北陸」「近畿」の一部となってます。

VB.NET移行 参考サイト一覧

VB.NET移行時に役立つ参考サイト一覧

VB マイグレーション センター

Visual Basic 6.0 ユーザーのための Visual Basic .NET 移行ガイド ~ やっぱり VB が好き ~

Visual Basic 6.0 からのアップグレード

Visual Basic 6.0 から Visual Basic .NET への移行

私はコレで、VB 6を卒業しました

Visual Basic 6.0 に含まれているコントロール

連載:アップグレード・ウィザードに学ぶVB 6→VB 2005

Visual Basic 6.0 のコントロールを Visual Studio .NET で使用するとエラーが発生する

Upgrading Visual Basic 6.0 Applications to Visual Basic .NET and Visual Basic 2005

Visual Basic 6.0 to Visual Basic .NET Upgrade Assessment Tool

Code Advisor for Visual Basic 6.0

Windows Vista®、 Windows Server 2008®、および Windows 7 における Visual Basic 6.0 のサポートについて

Windows7のサービスパック(SP1)が2011年2月22日に提供され、
Windows XPの延長サポート終了が2014年4月8日ということもあるのでWindowsXPからWindows7へ移行する人や機会も多くなり、システムの移行も多くなるかもしれませんね~。

google chromeでYouTubeの動画が上下半分表示

気が付いたら、
Google ChromeでYouTubeの動画を再生すると、
真ん中に緑の線が入って上下半分ずつ二画面で表示されるように・・・

Google Chomeのバグかと思い、
調べるのが面倒だったのでYouTubeを見るときは他ブラウザを使用してましたが、
メインのブラウザがGoogle Chomeなので毎回他ブラウザを起動するのが面倒に・・・

調べてみたら、
グラフィックボードのドライバが古いのが原因で、
最新のドライバにアップデートすれば直るとのこと。

他にも簡単に直す方法があって、
「Adobe Flash Player」の設定で
「ハードウェアアクセラレーションを有効化」のチェックをはずして無効化することで解決する方法。
(画面表示するのにグラフィックボードを使用するのを無効にするってことかな)

とりあえず、ハードウェアアクセラレーションを無効化したところ直るのを確認。
その後、グラフィックボードのドライバをダウンロードしてインストールして直るのを確認。

どちらでも直りますが、根本的に解決するためには最新版のドライバを入れることをおすすめします。

自分が直した方法を以下に記載します。

・「ハードウェアアクセラレーションを有効化」を無効化して直す方法
「Adobe Flash Player」の設定を変更します。
1.YouTubeの動画を表示。
2.動画を右クリックするとメニューが表示されるので「設定」を選択。
3.「ディスプレイ」の「ハードウェアアクセラレーションを有効化」のチェックをはずす。
以上

st 300x201 google chromeでYouTubeの動画が上下半分表示

 
・「グラフィックボード」のドライバを最新にして直す方法
1.グラフィックボードのチップを調べる。
 「ファイル名を指定して実行」で「dxdiag」と入力。
 DirectX診断ツールで「チップの種類」を確認。
2.調べた「チップの種類」の名称と「ドライバ」でググって最新版のドライバをダウンロード
3.インストール後、再起動。
以上

VB.NET DirectShowで早送りとコマ送り

前回の「DirectShowで動画再生」の続き

もちろん、DirectShowの.NET用ライブラリ「DirectShowLib」を使用。

早送りもコマ送りもライブラリを使用することで簡単にできる。

Private Sub 早送り_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button6.Click
  ‘IMediaSeekingインターフェースを使用
  Dim mediaSeeking As IMediaSeeking
  mediaSeeking = DirectCast(fg, IMediaSeeking)
  mediaSeeking.SetRate(2.0) ’2倍速
End Sub

Private Sub コマ送り_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button4.Click
   ‘IVideoFrameStepインターフェースを使用
  Dim videoFrameStep As IVideoFrameStep
  videoFrameStep = DirectCast(fg, IVideoFrameStep)
  videoFrameStep.Step(1, Nothing) ’1コマ
End Sub

ライブラリ様様。

メモ:DirectShow リファレンス
MSDN – IVideoFrameStep インターフェイス
MSDN – IMediaSeeking インターフェイス

VB.NET 相対パスに注意!OpenFileDialog/SaveFileDialogでカレントディレクトリが変更

あるシステムでの出来事。
ファイルを出力する処理で、
出力するフォルダを設定ファイル(INIやXML)に保持しており、
そのフォルダへファイルを出力するプログラムがあったのだが、
エラーで落ちることがあった。
再現できず原因がなかなか特定できなかったのだが、
カレントディレクトリが変更されているのが原因と判明。

出力するフォルダパスを相対パスで持っており、
別画面でOpenFileDialogを使用することでカレントディレクトリが変更されエラーとなっていた。

OpenFileDialog/SaveFileDialogでカレントディレクトリが変更されることについて調べてみたら、
結構有名な問題らしい。

原因がなかなか特定できなかったのは実行環境が違ったからなのだが、
WindowsXPではカレントディレクトリが変更されるのに、
WIndows7ではカレントディレクトリが変更されない・・・

とりあえず調べられる環境で変更されるかどうかを確認してみた。

Windows XP : 変更される
WIndows Vista : 変更されない
WIndows 7 : 変更されない
Windows Server 2003 : 変更される
Windows Server 2008 : 変更されない

frameworkのバージョンは原因でない模様。
なんでOSによって違うかは・・・・誰か教えてください。

とりあえず対応方法はいくつかあるので紹介しておきます。

1.変更前のカレントディレクトリを取得して再設定する方法

  Dim currentDirectory As String
  currentDirectory = System.IO.Directory.GetCurrentDirectory()

  If OpenFileDialog1.ShowDialog = Windows.Forms.DialogResult.OK Then

  End If

  System.IO.Directory.SetCurrentDirectory(currentDirectory)

2.OpenFileDialog/SaveFileDialogのRestoreDirectoryプロパティをTrueにする方法

  OpenFileDialog1.RestoreDirectory = True
 
 

 
WordPress SEO fine-tune by Meta SEO Pack from Poradnik Webmastera