医療保険
医療保険(いりょうほけん)とは、医療機関の受診により発生した医療費について、その一部又は全部を保険者が給付する仕組みの保険です。 高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としています。
長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、 被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、 逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が圧迫されることを防ぐため、 被保険者の自己負担割合や自己負担金が定められていたり、予め保障範囲が制限されていたりすることが多いです。
強制加入の公的医療保険と、任意加入の民間医療保険の2種類に分けられます。

女性保険
女性保険とは、乳がんや子宮がん、女性器官の病気や妊娠・出産の異常などの女性特有の病気に備え手厚く保障する女性専用の医療保険です。
もちろん女性特有の病気以外のケガや病気にかかったときでも、入院給付金や通院給付金などが受け取れます。
女性保険の一番の特徴は、女性疾病にかかったときには、通常よりも手厚い保障が受けられることです。
女性は、特に20〜40代の間に、女性特有の病気(乳がんや子宮頚がん、子宮筋腫や卵巣のう腫、さらに帝王切開や子宮外妊娠など)に最もかかりやすい時期となります。
そんな時に心強い味方になってくれるのが女性保険です。
女性保険には、保険期間が定まっている定期タイプと、一生涯を保障する終身タイプがあります。
自分のライフスタイルにあわせて最適な保険商品を選びましょう!

がん保険
がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うものです。
癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多いです。
大多数の癌治療は国民健康保険に代表される公的医療保険により行われるので、民間によるがん保険の役割は公的医療保険の補完的なものとなります。
公的医療保険が定める自己負担分の補填、通院のための交通費や入院中の差額ベッド代の補填、また休職等による収入の損失の補填などががん保険の役割となります。
がんは1980年以降、亡くなる原因のトップとなり、3人に1人が癌で亡くなられています。2015年には2人に1人が亡くなると予想されています。
癌になってしまったときの心強い味方となってくれるのが癌保険です。
がん保険の特徴は、癌のみを対象として保障している保険なので、一般的な医療保険より保険料がお手頃な商品が多いです。 がんに不安を抱える人は、一度検討してみましょう!備えあれば憂い無し!